スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -,

0

    -, -, - -

    隠れ家シネマvol.2 『アメリ』:ご紹介その2[アメリ-予告篇]

    さてさて、10/27(日)、11/1(金)、11/2(土)の3日間。

    『アメリ』についてご紹介。

    恋する女の子が自分と向き合い小さな勇気を出す…

    空想が大好きな少女アメリ・プーランは、そのまま大人になってモンマルトルのカフェで働いている。アメリの好きなことはクレーム・ブリュレのカリカリの焼き目をスプーンで壊すこと。ある日、バスルームで40年前に部屋の住人だった少年の宝箱をみつけてからというもの、カフェの同僚や父親へ、アメリは次々と“幸せのいたずら”を仕掛けてゆく。そんな日々のなか不思議な青年ニノに出会い、すっかり恋してしまう。自分のことになるとうまくいかないアメリ。最も苦手な現実との対決、不器用な恋に必要なのは、ほんの少しの勇気・・・。


    ★予告篇はこちら↓↓(※日本語版ではありません)



    全世界で興行収入1億ドル突破!日本でもミニシアター記録を全て塗り替え奇跡のビッグヒット!!!
    2002年アカデミー賞5部門ノミネート!
    ★外国語映画賞・美術賞・撮影賞・音響賞・脚本賞★

    2001年11月17日に渋谷シネマライズにて初日を迎えた『アメリ』は、同劇場15年間の歴史を全て塗り替え、驚異の新記録を達成する。その後劇場公開館数は伸び、現在では140館以上、すでにミニシアターとしての域を越えて大ヒットを更新中である。また、大量に投下されたパブリシティは大手メーカー(トゥモローランド、ペルノ・リカール・ジャパン、オーバカナル、OMEGA、ランコム他多数)とのタイアップと繋がり、 “アメリ現象”に拡大しながら雑誌からテレビへと大きく取り上げられた。以後、興行収入は12億円を突破しグッズの販売は最高潮に達している。世界各国の映画祭で賞を総なめにし、その大ヒットは日本のみに留まらず、アメリカやイギリスなど全世界に広がっている。老若男女、映画ファンもそうでない人も映画本来の素晴らしさをこの作品で再び感じることができるはずだ。作品力の素晴らしさが、ミニシアターの枠を越え、そして日本におけるフランス映画興行の常識を破り、奇跡というべき記録へと繋がっていったのだ。本作『アメリ』は名画としての器を備え、基本在庫として他の名画と共に長期に渡り高回転することは間違いない。ユーザー、そしてレンタル市場をリードできる作品なのである。

    ※情報元:ニューセレクト株式会社(アルバトロス・フィルム)2001年公開当時のもの



    アメリ旋風が巻き起こっていたのは、当時高校生だった私も覚えています。
    当時は単に、ポップでキュートなだけの映画だと思っていたけど、
    こうして見直すと、全然違うんです。

    こんなにメッセージの詰まった、ステキな映画だったとは当時は気づけなかったな。
    (高校生には早すぎたのか!!!)

    もう一度、「スクリーンで観たい」映画です。
    お楽しみに!

    ★ご予約はこちら↓↓
    http://cinekoya.com/program_Amelie.html


    JUGEMテーマ:映画

    at 12:37, シネコヤ, ★上映スケジュール,

    0

      comments(0), trackbacks(0), - -

      隠れ家シネマvol.2 『アメリ』:ご紹介その1[オドレイ・トトゥ]

      『アメリ』主演のオドレイ・トトゥ。

      本日公開の『ムード・インディゴ』に主演しています。
      " target="_blank">http://moodindigo-movie.com/index.html


      こちらも不器用なふたりの恋の物語。
      ファンタジックで、あたたかい気持ちになれる、でも切ない映画です。
      (のようです。まだ未見…観に行きたい!!)

      予告篇↓↓



      神奈川県内では、横浜ブルク13のみで上映。

      一部劇場限定ですが、
      インターナショナル版(95分)
      ディレクターズカット版(131分)
      の両方が日本では観れるそうです。
      本国フランスではインターナショナル版のみ。

      日本は映画が大好きな国なんだな、って本当に思います。
      ミニシアター全盛期の1990年代〜2000年代の渋谷は、
      世界で一番たくさんの映画が見れる都市だったそうです。
      こんなにたくさんの外国の映画が見れる国はなかなかないんだそうです。


      さてさて、話題の『ムード・インディゴ』でもヒロインで登場している
      大きな目が印象的なオドレイ・トトゥ。
      『ダ・ヴィンチ・コード』や『ココ・アヴァン・シャネル』などが代表作ですが、
      なんといってもその名を世間に知らしめたのが、『アメリ』です。


      映画デビュー作ではないものの、日本では当時ほぼ無名でしたが、
      ミニシアター至上の大ヒットとなりました。
      『アメリ』の世界に、憧れと共感を抱いた女の子も多いはず。


      2001年『アメリ』を隠れ家シネマでお楽しみください♪
      http://cinekoya.com/program_Amelie.html

      JUGEMテーマ:映画


      at 00:00, シネコヤ, ★上映スケジュール,

      0

        comments(0), trackbacks(0), - -

        著作権についてのあれこれ_vo.1

        常設の映画上映スペースを創りたい、と活動している上で、
        必ず出てくる問題は、「著作権」。

        素人では難しいとされている「著作権」ですが、本当にそうでしょうか??

        過去、2010年にシネコヤをはじめるにあたり、著作権については独学でかなり調べ、
        且つ著作権情報センター(CRIC)、弁理士、文化庁への相談を行いました。

        そんななかで、世に言われている「著作権」について、「???」と思うことがシバシバ。

        備忘録的に、ここに著作権についてのあれこれを掲載してゆこうと思います。


        今回1回目、ということで、
        いわゆる「パブリックドメイン」(知的創作物について、知的財産権が発生していない状態又は消滅した状態)について、調べあげたことをば。パブリックドメインについてはwikiなど、調べればたくさんでてきまので割愛。


        映画の場合、ひとつ例としてわかりやすいのが、最近の500円DVDです。
        名画シリーズで本屋などでも販売されている、ディズニー作品やハリウッド作品、トムジェリなど子ども向けのアニメ作品も多くあります。あれらはすべて、パブリックドメインとされているであろう作品たちです。
        しかし正確には、映画内で使用されている音楽やキャラクターの商標権などで、厳密にその作品が切れているかどうかは不確定な部分も多いそうです。


        その中でも「字幕」について、取り上げたいと思います。

        そんないろいろなことが絡みあう著作権ですが、
        よく言われるのが「字幕に著作権がある」ということです。
        これについて、私は「?」と思います。

        オリジナル版のいわゆる「正規版」の字幕については、翻訳者の表現などが映画の魅力を伝えるものとして
        実に影響力があると思うので、「翻訳者の創造物だ」とするのは、納得がいきます。

        だけれど500円DVDのような、すでに多くの翻訳者がやってきた中で、おそらく過去の正規版からの引用も多くあるはず。(しかも誤字脱字の多さったらない。しまいには、おそらく直訳すぎて話の筋が通らない時や、映像と字幕がずれている時さえあります。)
        そんなものが「著作物」と言えるのか…。

        「著作物」とは、創造的なものであって、表現されたもの、です。
        著作権法的には「創造性」かどうかがとても重要だそうで、
        描いてしまえばそれは全て著作物になる可能性はありますが、
        そこに「創造性」がなければ著作物とはみなされません。

        この観点から言ったら、上記の字幕については「著作物」ではないと思うのです。


        でも、「創造性」というのはとても曖昧だな〜と思います。
        実は過去に500円DVDの上映をするために調べていた所、「字幕に著作権が…」と言われたことがあります。

        「これは私の作品です」と言ってしまえば、それは「創造物=著作物」になり得るのですから。
        言ったもん勝ちだな、なんて。




        という感じで、あまり長くなり過ぎないように、ちょいちょい思ったことを記録してゆきます!
        今回はちょっと長かったな!

        JUGEMテーマ:映画


        at 01:05, シネコヤ, 著作権についてのあれこれ,

        0

          comments(0), trackbacks(0), - -

          大島渚追悼イベント

          神奈川県藤沢市にお住まいで、今年1月お亡くなりになった大島渚監督。

          追悼イベントをやるようです。
          「KYOTO,MY MOTHER'S PLACE」 
          イギリスのBBC放送で製作されたため、一般上映は行っていません。

          http://www.enopo.jp/event/details/3659.html



          って、めっちゃ観たいやないか〜!!!
          しかも豪華大島ファミリーの講演付やないか〜!!
          何、このパネリスト、スゴすぎる!!

          しかし、10月27日(日) 18:30
          とは。。。。

          『アメリ』とカブったつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


          シネコヤをはじめるきっかけにもなった、大島渚監督。
          葬儀にも行きました。
          藤沢市には、おとなり鎌倉大船に松竹撮影所があった関係で、
          ゆかりの映画人の方々が何名か藤沢市内に住んでいます。
          その、おひとりであった、大島渚監督。

          観に行きたかったです。

          JUGEMテーマ:映画


          at 22:36, シネコヤ, ★活動記録・日記,

          0

            comments(0), trackbacks(0), - -

            隠れ家シネマvol.2『アメリ』【10/27@カフェ・パンセ】【11/1・2@IVY HOUSE】

            この秋『アメリ』にまた会える。
            藤沢オデヲンとカフェ・パンセ、2001年のコラボ企画「クレーム・アメリ」が3日間限定復活!
            2001年フランス映画『アメリ』が公開された当時、今は無き藤沢の映画館「藤沢オデヲン」と、喫茶
            店「カフェ・パンセ」がコラボした企画、オリジナルメニューの「クレーム・アメリ」が復活します。映画
            の半券を持って行くと、カフェ・パンセで「クレーム・アメリ」が半額になり、上映終了後はカフェに『
            アメリ』を観たお客さんでいっぱいになったそう。当時と変わらないカフェ・パンセで、10年ぶりに
            また『アメリ』に会える…。
            すべての回、この「クレーム・アメリ」を食べながら、映画をお楽しみいただけます。




            ★10/27(日)18:30
             ◆場所:カフェ・パンセ
            江ノ電線路沿いネオヤマダビル2Fにございます。
            http://ameblo.jp/penseee/
             ◆客席数:20席
             ◆入場料:1,700円(1drink+クレームブリュレ付き)



            ★11月1日(金)、2日(土)11:00/15:00/19:30
             ◆場所:Ivy house
            ※小田急 鵠沼海岸駅より徒歩8分。住宅街の中の一角にございます。MAPにて場所をご確認ください。
            http://ivyhouse86.com/about
             ◆客席数:各回20席
             ◆入場料:1,500(selfdrink+クレームブリュレ付き)



            ■上映作品:『アメリ』
            (2001年 フランス[120分])


            ■あらすじ
            空想が大好きな少女アメリ・プーランは、そのまま大人になってモンマルトルのカフェで働いている。アメリの好きなことはクレーム・ブリュレのカリカリの焼き目をスプーンで壊すこと。ある日、バスルームで40年前に部屋の住人だった少年の宝箱をみつけてからというもの、カフェの同僚や父親へ、アメリは次々と“幸せのいたずら”を仕掛けてゆく。そんな日々のなか不思議な青年ニノに出会い、すっかり恋してしまう。自分のことになるとうまくいかないアメリ。最も苦手な現実との対決、不器用な恋に必要なのは、ほんの少しの勇気・・・。


            ■ご予約限定FOOD MENU「アメリサンド」
            小田急本鵠沼駅「薬膳DELI 和 nico」の、ごとうゆみこが創作しました。1個500円。
            (※11/1・2 アイビーハウスのみ)


            ※ベビールーム(休憩室)でもご覧いただけます[11:00/15:00] 。19:30の回は一般のみとなります。
            ※ご予約・詳細はこちら

            at 22:43, シネコヤ, ★上映スケジュール,

            0

              comments(0), trackbacks(0), - -

              「藤沢オデヲン・フジサワ中央が好きだった!の会」というFBのグループページがあります。

              こんばんは!

              シネコヤのB(ボス)です。

              シネコヤ発足のきっかけである、藤沢オデヲン・フジサワ中央に
              昔よく通っていたよ、とか、行ったことがある、
              など、藤沢の映画館たちを愛してやまない方々の集まりです。

              昔のオデヲンの写真や、元フジサワ中央(現新堀ギターライブ館)の様子など、
              写真でお届けしております。

              や、シネコヤの上映情報もモチロン!
              今後は藤沢市内の上映情報とかも載せたいな〜、
              と勝手に考え中。

              やるのは簡単、続けるのは大変。なんでも。

              のんびり続けまーす。

              FBやっていて、ご興味ある方は、参加申請くださいなー(・ω<)

              &シネコヤのFBページもよろろ!


              【オススメFBページ】
              ★藤沢オデヲン・フジサワ中央が好きだった!の会
              https://www.facebook.com/groups/446907072002570/

              ★シネコヤ
              https://www.facebook.com/cinekoya


              JUGEMテーマ:映画

              at 23:12, シネコヤ, ★活動記録・日記,

              0

                comments(0), trackbacks(0), - -

                「湘南スタイル」 9月26日発売に掲載していただきました!

                藤沢もよく登場する湘南スタイル。
                9月26日発売の最新号に「隠れ家シネマvol.2 CINEKOYA × IVY HOUSE」掲載していただきました。



                しかも結構大きい!嬉しい!ありがとうございます。
                次回は『アメリ』です!
                お楽しみに〜。只今ご予約承り中です!
                http://cinekoya.com/program_Amelie.html




                JUGEMテーマ:映画


                at 01:31, シネコヤ, ★メディア掲載情報,

                0

                  comments(0), trackbacks(0), - -

                  本日予定通り開催します

                  本日悪天候ですが、予定通り開催します。開始時刻を11:30/14:30/17:30と30分遅らせての開始となります。ご予定の方はご無理なさらず、気をつけてお越しください。

                  at 11:01, シネコヤ, ★上映スケジュール,

                  0

                    comments(0), trackbacks(0), - -

                    【終了しました】いよいよ今週末!9/14・15『月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術』

                    いよいよ迫ってまいりました。
                    シネコヤ復活第2弾!
                    サブカルチャーの集まる小さな名画座「シネコヤ」

                    映画+のいろんなものを集めました。

                    ★sho hamada の生伴奏上映!★
                    地元鎌倉を中心に活動するギタリスト、作曲家。
                    サイレント映画『月世界旅行』が、かつてないアコースティックギターによる生伴奏で蘇ります。
                    http://bluebrainorchestra.com/




                    ★昭和の梅酒
                    蔵まえギャラリーで熟成された、30年ものの「昭和の梅酒」も当日お楽しみいただけます。[500円]


                    ★余白やの古本
                    厳選された映画の本「余白や」の古本市やります。当日しか出会えない映画の本が見つかるかも。






                    ■日時:9月14日(土)、15日(日)
                    【11:00/14:00/17:00】
                    ★9/14(土)17:00の回は定員に達したため、ご予約終了いたしました。

                    ■上映作品:『月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術』
                    (2012年8月 フランス[63分])
                    ※あらすじはこちら


                    ■会場:蔵まえギャラリー(小田急線藤沢駅より徒歩8分)
                    神奈川県藤沢市藤沢630-1

                    昭和6年築のお米屋さんと、その蔵を改装したアートギャラリー「蔵まえギャラリー」。ギャラリーを入ると、そこはまるでタイムスリップしたみたい。昔の家屋がそのまま残っています。
                    今回は、土間、こあがり部分が映画館に変身します。

                    ■料金:1300円(ワンドリンク付)

                    ■客席数:各回25席 *予約優先


                    ↓↓↓ご予約はこちら↓↓↓(※ページ一番下に予約フォームあります)
                    http://cinekoya.com/program_moon.html
                    JUGEMテーマ:映画

                    at 22:03, シネコヤ, ★上映スケジュール,

                    0

                      comments(0), trackbacks(0), - -

                      【9/14・15】『月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術』@蔵まえギャラリー

                      9月上映決定!



                      ■日時:9月14日(土)、15日(日)
                      【time:11:00/14:00/17:00

                      ■上映作品:『月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術』
                      (2012年8月 フランス[63分])

                      ■会場:蔵まえギャラリー



                      小田急線藤沢駅より徒歩8分
                      神奈川県藤沢市藤沢630-1

                      藤沢駅北口徒歩6 分。昭和6年築のお米屋さんと、その蔵を改装したアートギャラリー「蔵まえギャラリー」
                      ギャラリーを入ると、そこはまるでタイムスリップしたみたい。昔の家屋がそのまま残っています。
                      今回は、土間、こあがり部分が映画館に変身します。


                      ■料金:1300円(ワンドリンク付)


                      ご予約はこちら
                      ※一番下に、予約フォームがございます。

                      JUGEMテーマ:映画

                      at 21:44, シネコヤ, ★上映スケジュール,

                      0

                        comments(0), trackbacks(0), - -