<< 隠れ家シネマvol.2 『アメリ』:ご紹介その4[薬膳DELI 和 nico のアメリサンド] | main | 隠れ家シネマvol.2 『アメリ』:ご紹介その5[藤沢オデヲンとクレームアメリの思い出] >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -,

0

    -, -, - -

    シネコラム:「そして父になる」2013 日本

    えー、だいぶ放置プレーされていました、「シネコラム」地味に再開。

    調子に乗って、サブタイトルとかつけちゃってみる。
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    「シネコラム〜映画はもっとおもしろくなる」

    映画館に行くと、それって映画ですか?ってツッコミたくなるようなことがありますが、
    そんな風に嘆いて至って始まらない、ってことで「映画をもっとおもしろく」ご紹介出来ればなーと思っています。
    文才はない方なんで、基本、シネコヤBのノルマ的なものだと思ってください。
    新旧の作品たちを今後の上映に役立てるためのメモとして、
    わたしは書くのだ!否、お届けするのだ!
    ということで、だいぶ偉そうで雑なレビューになりますが、ふぅん、と横目で楽しんでいただけたら嬉しいです。

    前置きが長くなりましたが、リニューアル1回目は…


    「そして父になる」2013 日本

    ※とりあえず予告篇を見やがれっ!



    『誰も知らない』でカンヌ映画祭最優秀主演男優賞 柳楽優弥くんを生み出した、是枝裕和監督。
    わたしはこの監督が大好きです。はい、ファンです。そう、ファンです。
    自然体の会話が印象的な、ドキュメンタリー出身の監督ならではのリアリティのある映像に、いつも度肝抜かれます。

    しかし、今回は是枝監督にしては、リアリティが欠けた感がありました。
    一、母親の身としては、「父」の描き方や「母」の葛藤に少し理解し難い部分も。

    だけども、それを、そうゆう「母」や「父」もいるよね!と思わせるのがリリー・フランキー&真木よう子夫妻の芝居の旨さ。素晴らしかったなぁ。

    子どもの描写は相変わらず美しく、リアリティがあり、子役たちの存在感はやっぱり是枝映画だなぁと。
    福山氏完全に喰われてました。
    そういや福山雅治が浮いてたな…
    その辺は、大手配給だからか、と妙に納得。
    イケメンだからいっか〜。

    大手配給会社には、宣伝費が膨大にあるのだから、ヘタに俳優に金を使うのでなく、中身で勝負してもらいたい。


    とかなんとか言っておきながら、後半号泣したけどね(・ω<)
    福山雅治の泣くところ、からの、尾野真千子が声かけるところ、そのセリフの内容が秀逸。

    ★公式HP
    http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp/

    JUGEMテーマ:映画


    at 23:01, シネコヤ, ★シネコラム,

    0

      comments(0), trackbacks(0), - -

      スポンサーサイト

      at 23:01, スポンサードリンク, -,

      0

        -, -, - -

        comment









        trackback
        url:http://cinekoya.jugem.jp/trackback/196