<< 隠れ家シネマvol.2 『アメリ』:ご紹介その1[オドレイ・トトゥ] | main | 隠れ家シネマvol.2 『アメリ』:ご紹介その3[会場-IVY HOUSE] >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -,

0

    -, -, - -

    隠れ家シネマvol.2 『アメリ』:ご紹介その2[アメリ-予告篇]

    さてさて、10/27(日)、11/1(金)、11/2(土)の3日間。

    『アメリ』についてご紹介。

    恋する女の子が自分と向き合い小さな勇気を出す…

    空想が大好きな少女アメリ・プーランは、そのまま大人になってモンマルトルのカフェで働いている。アメリの好きなことはクレーム・ブリュレのカリカリの焼き目をスプーンで壊すこと。ある日、バスルームで40年前に部屋の住人だった少年の宝箱をみつけてからというもの、カフェの同僚や父親へ、アメリは次々と“幸せのいたずら”を仕掛けてゆく。そんな日々のなか不思議な青年ニノに出会い、すっかり恋してしまう。自分のことになるとうまくいかないアメリ。最も苦手な現実との対決、不器用な恋に必要なのは、ほんの少しの勇気・・・。


    ★予告篇はこちら↓↓(※日本語版ではありません)



    全世界で興行収入1億ドル突破!日本でもミニシアター記録を全て塗り替え奇跡のビッグヒット!!!
    2002年アカデミー賞5部門ノミネート!
    ★外国語映画賞・美術賞・撮影賞・音響賞・脚本賞★

    2001年11月17日に渋谷シネマライズにて初日を迎えた『アメリ』は、同劇場15年間の歴史を全て塗り替え、驚異の新記録を達成する。その後劇場公開館数は伸び、現在では140館以上、すでにミニシアターとしての域を越えて大ヒットを更新中である。また、大量に投下されたパブリシティは大手メーカー(トゥモローランド、ペルノ・リカール・ジャパン、オーバカナル、OMEGA、ランコム他多数)とのタイアップと繋がり、 “アメリ現象”に拡大しながら雑誌からテレビへと大きく取り上げられた。以後、興行収入は12億円を突破しグッズの販売は最高潮に達している。世界各国の映画祭で賞を総なめにし、その大ヒットは日本のみに留まらず、アメリカやイギリスなど全世界に広がっている。老若男女、映画ファンもそうでない人も映画本来の素晴らしさをこの作品で再び感じることができるはずだ。作品力の素晴らしさが、ミニシアターの枠を越え、そして日本におけるフランス映画興行の常識を破り、奇跡というべき記録へと繋がっていったのだ。本作『アメリ』は名画としての器を備え、基本在庫として他の名画と共に長期に渡り高回転することは間違いない。ユーザー、そしてレンタル市場をリードできる作品なのである。

    ※情報元:ニューセレクト株式会社(アルバトロス・フィルム)2001年公開当時のもの



    アメリ旋風が巻き起こっていたのは、当時高校生だった私も覚えています。
    当時は単に、ポップでキュートなだけの映画だと思っていたけど、
    こうして見直すと、全然違うんです。

    こんなにメッセージの詰まった、ステキな映画だったとは当時は気づけなかったな。
    (高校生には早すぎたのか!!!)

    もう一度、「スクリーンで観たい」映画です。
    お楽しみに!

    ★ご予約はこちら↓↓
    http://cinekoya.com/program_Amelie.html


    JUGEMテーマ:映画

    at 12:37, シネコヤ, ★上映スケジュール,

    0

      comments(0), trackbacks(0), - -

      スポンサーサイト

      at 12:37, スポンサードリンク, -,

      0

        -, -, - -

        comment









        trackback
        url:http://cinekoya.jugem.jp/trackback/191