<< 「藤沢オデヲン・フジサワ中央が好きだった!の会」というFBのグループページがあります。 | main | 大島渚追悼イベント >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -,

0

    -, -, - -

    隠れ家シネマvol.2『アメリ』【10/27@カフェ・パンセ】【11/1・2@IVY HOUSE】

    この秋『アメリ』にまた会える。
    藤沢オデヲンとカフェ・パンセ、2001年のコラボ企画「クレーム・アメリ」が3日間限定復活!
    2001年フランス映画『アメリ』が公開された当時、今は無き藤沢の映画館「藤沢オデヲン」と、喫茶
    店「カフェ・パンセ」がコラボした企画、オリジナルメニューの「クレーム・アメリ」が復活します。映画
    の半券を持って行くと、カフェ・パンセで「クレーム・アメリ」が半額になり、上映終了後はカフェに『
    アメリ』を観たお客さんでいっぱいになったそう。当時と変わらないカフェ・パンセで、10年ぶりに
    また『アメリ』に会える…。
    すべての回、この「クレーム・アメリ」を食べながら、映画をお楽しみいただけます。




    ★10/27(日)18:30
     ◆場所:カフェ・パンセ
    江ノ電線路沿いネオヤマダビル2Fにございます。
    http://ameblo.jp/penseee/
     ◆客席数:20席
     ◆入場料:1,700円(1drink+クレームブリュレ付き)



    ★11月1日(金)、2日(土)11:00/15:00/19:30
     ◆場所:Ivy house
    ※小田急 鵠沼海岸駅より徒歩8分。住宅街の中の一角にございます。MAPにて場所をご確認ください。
    http://ivyhouse86.com/about
     ◆客席数:各回20席
     ◆入場料:1,500(selfdrink+クレームブリュレ付き)



    ■上映作品:『アメリ』
    (2001年 フランス[120分])


    ■あらすじ
    空想が大好きな少女アメリ・プーランは、そのまま大人になってモンマルトルのカフェで働いている。アメリの好きなことはクレーム・ブリュレのカリカリの焼き目をスプーンで壊すこと。ある日、バスルームで40年前に部屋の住人だった少年の宝箱をみつけてからというもの、カフェの同僚や父親へ、アメリは次々と“幸せのいたずら”を仕掛けてゆく。そんな日々のなか不思議な青年ニノに出会い、すっかり恋してしまう。自分のことになるとうまくいかないアメリ。最も苦手な現実との対決、不器用な恋に必要なのは、ほんの少しの勇気・・・。


    ■ご予約限定FOOD MENU「アメリサンド」
    小田急本鵠沼駅「薬膳DELI 和 nico」の、ごとうゆみこが創作しました。1個500円。
    (※11/1・2 アイビーハウスのみ)


    ※ベビールーム(休憩室)でもご覧いただけます[11:00/15:00] 。19:30の回は一般のみとなります。
    ※ご予約・詳細はこちら

    at 22:43, シネコヤ, ★上映スケジュール,

    0

      comments(0), trackbacks(0), - -

      スポンサーサイト

      at 22:43, スポンサードリンク, -,

      0

        -, -, - -

        comment









        trackback
        url:http://cinekoya.jugem.jp/trackback/187